医療について

医療従事者に必要な心構えとは何か

医療の現場には毎日、さまざまな患者さんが訪れ、診察や治療を受けています。
患者さんは皆、さまざまな理由で病院に来ており、もちろん全員が抱えている病気も違い、それに伴って気持ちも違います。
よって全員に同じような対応をしていては、患者さんからしてみれば良いケアとはならず、配慮が足りていないと言えるのではないでしょうか。
重症な患者さんと、そうでない患者さんにかける言葉が同じでは、心配りが行き届いていないと言えるでしょう。
そのような現場で働く医療従事者が心がけるべきこととは、患者さんの立場になって物事を考えるということと言えます。
相手のことを考える想像力が必要だということです。
これまでに、自分自身が実際に病気になった時のことを思い出し、患者さんが今まさにどのようなことを求めているのかということをしっかりと考えて行動することが必要です。
自分自身の立場をしっかりと自覚し、患者さんを支援するアプローチをしていくことが最も大切です。